陶磁器部会

陶磁器部会は、協会の目的に従って部会員相互の親睦を図り、知識を啓発し陶磁器技術の進歩に努める事を目的としています。

日本の陶磁器産業はかつての勢いはありませんが、食器・タイル・衛生陶器・瓦・碍子などは人々の生活向上に貢献し、また、そのものづくりのコンセプトはファインセラミックス、半導体、液晶等、多くの先端素材で日本の製造業を支えています。陶磁器を知らずして、セラミックスを語ること勿れ。


◆陶磁器部会キーワード

研究分野 ・基礎科学
・製造工程・装置
・試験・計測・評価
・資源・原料
・陶磁器
・顔料・釉薬
・窯炉
・建築材料
・粒子配向技術
材料

・強化磁器
・低温焼成磁器
・軽量材料
・環境対応

物性

・軽量
・高強度
・無鉛
・低温焼成
・リサイクル



◆主な活動

・陶磁器部会講演会年1回
・幹事会年3回


◆役員・事務局

2014年度 役員・事務局
部会長 松山 城仁(鳴海製陶(株) 常勤監査役)
監事 安井 享二(日本陶業連盟 専務理事)
事務局

460-0011
名古屋市中区大須一丁目35番18号
中部科学技術センター 学協会事務局
幅上 幸徳
Tel : 052-231-3070
y.habaue@c-goudou.org



◆関連リンク

日本のやきもの

pagetop