ガラスのふしぎ 科学体験教室(ICG国際ガラス会議2018併催)

定員に達したため、申し込みを締め切りました。多くのお申し込みをいただき、ありがとうございました。

 


PDFはこちら

 

「ガラスのふしぎ科学体験教室」を開催します!

主 催:公益法人 日本セラミックス協会
共 催:ガラス産業連合会
後 援:横浜市教育委員会

 

 「ガラス」は生活の中で本当に身近なところで使われています。実は人類が最も古くから使ってきた材料の一つなのですが、かすかずのイノベーションに関わってきました。これからもガラスの新しい利用が期待されています。その秘密はどこにあるの? この教室では、ガラスの持つふしぎの科学を紹介します。体験コーナーでそれを実感してみましょう。

 

 本事業は、公益法人日本セラミックス協会、ガラス産業連合会が、2018年9月23日~26日の期間に開催する『国際ガラス会議2018』を機に、文部科学省科学研究費補助金を原資として、一般の方々へガラスの科学や産業について知っていただくために行うものです。申込時にいただく個人情報は、事業に関する連絡以外には一切使用いたしません。

 

 国際ガラス会議2018とは?:ICG Annual Meeting 2018, Yokohama, “Innovation in Glass and Glass Technologies: Contributions to a Sustainable Society”;世界のガラス研究者が集まる最大の国際会議をいいます。


 

教室開催日時:2018年 9月23日(日) 午後1時半~4時(午後1時より受付開始します)


対象者:小学校高学年(5、6年生)~中学生(全学年)(小学生は会場への往路の安全をかくほするため保護者同伴でお願いいたします。)


参加費:無料


開催場所:パシフィコ横浜 会議センター 4階会場(411,412)
アクセス
住所:横浜市西区みなとみらい1丁目1-1
最寄駅 :みなとみらい線みなとみらい駅より徒歩5分(クイーンズスクエア連絡口をご利用ください)
JR京浜東北線・横浜市営地下鉄桜木町駅より徒歩12分、バスで11分、タクシーで5分


持ち物 :特にありません。空調の効いた屋内での開催となりますが、飲み物等は各自でご用意ください。



体験教室のながれ

ガラスの不思議について知り、体感していただくための「お話」「体験」「クイズ」の3部構成です。

1:00 受付開始
会場4階エレベーター前ホワイエ
1:30 体験教室開始
担当者ごあいさつ、スケジュール説明、スタッフ紹介
1:40 「おもしろガラスのいろいろ」
簡単な実験をしながらガラスの不思議を紹介します。(講師:東京工業大学教授矢野哲司ほか)
2:20 休憩タイム
2:40 「ガラス体験ラリー」スタート
参加者をグループに分けて用意したガラスに関する体験コーナーを順に回ります。
3:20 休憩タイム
3:30 クイズ大会
体験教室で見たり聞いたりしたことについて全員参加型のクイズを行います。
3:45 表彰式
4:00 解散


申し込みのながれ
参加される方のお名前、性別、年齢、学年(学校名)、ご住所、連絡先(固定電話または携帯電話番号)を記入の上、 「ガラスのふしぎ参加希望」と記して電子メールで下記アドレスまでお申し込みください。 一回のお申し込みで最大2名(1組)までといたします。
fushigi-glass@icg2018yokohama.com


受付開始:2018年7月25日より申し受けます。


受付終了:50組(100名相当)先着といたします。参加の可否についてはメールにてご連絡いたします。また、必要に応じて教室に関する情報をお送りする場合もあります。


注意事項:天候等により会場へのアクセスが難しい状況などが発生し、教室の開催ができない場合もあることから、開催当日の午前8時に、参加者の申し込み時のメールアドレス先に開催に関する確認メールをお送りします。


申込・問合先:
「ガラスの不思議 科学体験教室」事務局(東京工業大学物質理工学院, 矢野研究室内)
fushigi-glass@icg2018yokohama.com

 

pagetop