概要

主催 日本セラミックス協会教育委員会
協賛 日本化学会・日本物理学会・応用物理学会・日本金属学会・日本機械学会・化学情報協会

特色  「セラミックスって何?どうやって作るの?どういう性質があるの?何が研究開発のキーポイントになるの?」セラミックスの研究や開発などに従事されて間も ない方、あるいはこれから始めようとする方、さらにセラミックスの研究や開発にあらためて取り組もうとする方、開発に必要な基礎やノウハウを知りたい方な どがお持ちの様々な疑問にお答えするセミナーが、この [Ceramics Education Program for Beginners :CEPRO(セプロ):通称 セラミックス大学]です。

 市販の教科書では得られない具体的な入門の手引きから、製品として実用化する際の指針まで幅広い内容をカバーします。講義を担当する のは、それぞれの分 野での豊富な経験を持つ大学教員、企業の研究員や開発担当者で、セラミックス化学の基礎、作り方の基礎と構造の観察方法、作り方のノウハウ、多様 な物性、実際の使われ方などについて全21回(7日間)の講義の中でエッセンスを解説します。併せて今後の学習方法についても紹介します。これまで他の分 野で研究・開発などに携わってこられた方が参加しても、十分満足していただけるようにカリキュラムを組んであります。

 また,希望者若干名を対象に会場となる大学でセラミックス関連研究室の見学を実施します。
 5回以上の講義出席者には修了証が発行されます。 

講義 ①ベーシッ クコース、②アドバンスコースに分かれています。
①、②を自由に選択することができます。

CEPRO2013 講義内容

第1回講義から第7回講義の開始時間は13:00、終了時間は17:30です。
ベーシックコースのテキストは第1回講義会場の受付で、アドバンスコースのテキストは第4回講義会場の受付でお渡しいたします。


<ベーシックコース>
第1回講義

5月11日(土)
東京工業大学
(大岡山)
見学会
MAP
時間 講義タイトル/概要 講師
13:00~
14:20

これからセラミックスを始める人のための概論

セラミックス大学の講義を開始するにあたり、セラミックスの全体像を概観し、各講義の位置付けを説 明する。具体的には、セラミックス材料の一般的な特徴、分類、応用、作成法、セラミックスを支える学問体系等について説明する。

篠崎 和夫
(東京工業大学)
14:35~
15:55

これだけは知っておきたい 合成の基礎1:微粉末合成

セラミックスの微粉末の合成法について,その分類と種々の合成法の各論を講義する.ブレイクダウン法として粉砕法と熱分解法を,ビルドアップ法として固相法,液相法,および気相法について,その理論と実例を紹介する

亀島 欣一
(岡山大学)
16:10~
17:30

これだけは知っておきたい 合成の基礎2:成形と焼結

セラミックス製品を作る工程である粉末を所望の形状に固める成形とそれを焼き固める焼結について、各成形方法及び焼結方法を説明し、成形及び焼結工程が製品特性に与える影響について事例を交えて紹介する。

大西 宏司
((株) ニッカトー)

見学会2011年


見学会:10時55分集合、12時終了
第1回講義の際に東京工業大学セラ ミックス関連研究室の見学会を行います。
希望される方は、受講申込時に「見学会を希望する」をお選びく ださい。
先着30名の方に集合場所等をご連絡いたします。

※写真は2011年見学会のものです。


<ベーシックコース>
神谷先生と磯部先生の講義時間が入れ替わりました

第2回講義
6月1日(土)
工学院大学
(新宿) MAP
時間 講義タイトル/概要 講師
13:00~
14:20

知って役立つテクニック: プレゼンテーションと情報検索の技術


プレゼンテーション技法の習得を目的として、「 発表の心構え」「発表資料の作成方法」「話し方」「パソコンの使用方法」などについて紹介する。
磯部 敏宏
東京工業大学
14:35~
15:55

こうすればできるセラミッ クスの評価1:粉体・焼結体構造


高性能で信頼性の高いセラミックスを作る上で重要 な、セラミックス原料粉体の大きさ、などの粒子の特性や、原料粉体の分散液、スラリー中での粒子の凝集状態やスラリーの特性、顆粒や 成形体、さらに焼結体の構造評価法を紹介する。

神谷 秀博
(東京農工大学)
16:10~
17:30

役に立つセラミックス基礎 1:状態図・熱力学

状態図は物質、材料開発の地図である。この講義ではまず、ギブスの相律を学び、2成分系の状態図の 読み方をマスターする。更には状態図と ギブスエネルギーの関係を理解することにより、安定平衡状態だけではなく、超急冷で出現する相や、実験が困難な領域の状態図の予測を可能とする。

藤森 宏高
山口大学)

<ベーシックコース>
第3回講義

6月29日土)
東海大学
(高輪)
MAP
時間 講義タイトル/概要 講師
13:00~
14:20

役に立つセラミックス基礎 2:結晶化学

セラミックスの多くは無機化合物結晶であり、その特性は結晶構造や化学結合と密接に関係している。本講義では結晶構造の表し方と分類の仕方に ついて簡単に説明し、さらに結晶構造と化学結合との関係について解説する。

勝又 哲裕
(東海大学)
14:35~
15:55

こうすればできるセラミッ クスの評価2:粉末X線回折  

セラミックス研究に欠かすことのできない分析手法の1つである粉末X線回折の基礎を理解することを目的とする。粉末X線回折の基本原理、この手法でわかること、解析の実際など、実例を交えて紹介する。

紺谷 貴之
((株)リ ガク
16:10~
17:30

知って役立つ合成プロセス 1:液相からの合成

種々のセラミックスの合成方法の中から液相プロセスを取り上げる。代表的な液相法として知られるゾ ル-ゲル法を中心として、反応機構や利用する上での注意点などを講義する。また、液相法を用いた膜や粉末の作製などについて事例を交えて紹介する。

瀬川 浩代
物材機構


<アドバンスコース>
第4回講義

8月3日(土)
東京理科大学
(神楽坂)
MAP
時間 講義タイトル/概要 講師
13:00~
14:20

ラミックスの使われ方1: バイオセラミックス

バイオセラミックスは「人工骨」などとして整形外科分野などで臨床応用されている。本講では、このバイオセラミックスの基礎と応用について概説し、最近のトピックスとして「再生医療に貢献するセラミックス」などを紹介する。

相澤 守
明治大学
14:35~
15:55

物性と評価1:導電性

本講義では,物質の導電性について,原子核の有効核電荷,原子半径及び電気陰性度という概念から始めて,多数の原子が整然と並んだ結晶構 造中のバンドの概念 にまで展開して解説をします。その後,実際に知られている導電性物質を伝導機構の基本と共に紹介することにより理解を深めます。

真島 豊
東京工業大学
16:10~
17:30

セラミックスの使われ方2:無機有機ナノハイブリッド

ナノ・分子レベルで無機物と有機物を組み合わせた材料の考え方や方法論の理解を目的とする。特に多 孔性材料を例とし、ゼオライト等のセラミックス材料から無機有機ハイブリッド多孔体への展開について紹介する。

前田 和之
東京農工大学

<アドバンスコース>
第5回講義

9月7日(土)
中央大学
(後楽園)
MAP
時間 講義タイトル/概要 講師
13:00~
14:20

知って役立つ合成プロセス2:気相からの合成

セラミックス薄膜の気相合成プロセスについての理解を深めることを目的に、CVD(化学蒸着)法と PVD(物理蒸着)法を中心にその原理と特徴、装置の概要を講義する。応用例として工具用の硬質膜の合成プロセスを紹介する。

長田 晃
(三菱マテリアル(株))
14:35~
15:55

物性と評価2:誘電性

誘電性を考える上で基となる分極挙動について、巨視的な視点と微視的な視点で整理して説明します。 また、分極挙動と強く関連した強誘電性・圧電性・焦電性についても併せて紹介します。

永田 肇
(東京理科大学)
16:10~
17:30

セラミックスの使われ方3:ナノセラミックスと次世代スーパーキャパシタ

原子力発電の制限を求める世論の動きや電力供給事情の悪化なども加わり、地球環境保護の観点から環 境負荷の低減が求められている。社会イ ンフラにおける省エネ化への取り組みが活発化している今日、キーテクノロジーとして注目されるのが、信頼性・安全性の高い蓄電デバイスであるスーパーキャ パシタです。 すでに、環境LED照 明や、電気自動 車、鉄道車両 、UPS/FA などの産業機器、太陽光・風力などの再生エネルギー関連システムなど幅広い分野に広がり、今後普及拡大が予想される電気自動車の急速充電設備や、住宅と電 気自動車の連携が必要なHEMSなどにおいても展開が期待されています。本セミナーでは、次世代の大容量ハイブリッドキャパシタの最新開発動向とナノセラ ミックスの革新的高性能化について、解説します。

直井 勝彦
東京農工大学)

<アドバンスコース>
第6回講義

10月5日(土)
東京大学
(駒場)
MAP
時間 講義タイトル/概要 講師
13:00~
14:20

セラミックスの使われ方2:ガラス・光物性

物質と光の相互作用を学ぶ第一ステップとして,光の基本的な性質や物質の光学応答(吸収,反射,屈 折,散乱)について述べた後,いくつかのガラスの光学的性質を取りあげて解説する。

藤田 晃司
(京都大学)
14:35~
15:55

セラミックスの使われ方5: 光触媒

環境浄化材料として用途が拡大している光触媒について、その研究開発の歴史、原理を理解するための 基礎的事項、更に、最新の可視光応答型光触媒の開発動向について解説する。

宮内 雅浩
東京工業大学
16:10~
17:30

電子顕微鏡観察と計算科学

透過型電子顕微鏡と電子状態計算はセラミックスの諸物性を理解・制御するうえで不可欠な解析技術です.特に近年で は空間分解能や計算精度が飛躍的に向上しております.本講義ではそれら材料解析法の基礎と応用例を紹介します。
溝口 照康
(東京大学)

<アドバンスコース>
第7回講義

11月9日(土)
上智大学
(四ッ谷)
MAP
時間 講義タイトル/概要 講師
13:00~
14:20

物性と評価3:機械的性質

セラミックスの変形と破壊に関する微視的、巨視的な「物理」を他の工業材料と比較しながら説明する。また、実用的な力学特性評価法を詳細に紹介する。

武藤 浩行
豊橋技術科学大学)
14:35~
15:55

性と評価4:磁性

酸化物磁性材料に対する理解を深めることを目的とし、磁性材料の用途及び軟磁性材料と硬磁性材料の 違いについて簡単に説明した後にソフトフェライトを中心とした磁性の基礎、物性及び微細構造制御について説明する。

森 健太郎
TDK(株)
16:10~
17:30

セラミックスの使われ方6: セメント

セメント産業は、産業副産物の原燃料としての利用により新たな産 業として成立し、循環型社会と健全な社会資本の構築に貢献し、また、CO2削 減対策の国家的なプロジェクトも行われている。さらに、200N/mm2を 超えるような高強度・高耐久コンクリート用新材料の開発も進んでおり、これらの実情を紹介する。

坂井 悦郎
(東京工業大学)

受講料

受講料(テキスト代・消費税込)  ※協賛学協会会員は会員と同じ
①ベーシッ クコース、②アドバンスコースに分かれています。
①、②を自由に選択することができます。
①、②それぞれ単独受講の場合
(ベーシック3回分又はアドバンス4回分)
①、②両方を受講の場合(全7回分)
個人会員・特別(法人)会員
20,000円
32,000円
個人会員(教育)
8,000円
12,000円
学生会員
5,000円
7,000円
非会員
25,000円
45,000円
学生非会員
8,000円
12,000円

申込

お申込みはこちらから <申し込む>   

申込締切 120名になり次第締切

申込方法 上記 フォームから申込を行ってください。
その後、銀行振込をお願いいたします。なお、受講料は第1回講義までにご送金くださいますようお願いします。
お申込後の取消については、返金いたしません。

振込先 三菱東京 UFJ銀行 新宿中央支店 (普)3935016 公益社団法人日本セラミックス協会
振込受領書を領収書にかえさせていただきます。

MAP

<ベーシックコース>

第1回講義 東京工業大学(大岡山) 会場案内図pdf

第2回講義 工学院大学(新宿) 会場案内図pdf

第3回講義 東海大学(高輪) 会場案内図pdf

<アドバンスコース>

第4回講義 東京理科大学(神楽坂) 会場案内図pdf

第5回講義 中央大学(後楽園) 会場案内図pdf

第6回講義 東京大学(駒場) 会場案内図pdf

第7回講義 上智大学(四ッ谷) 会場案内図pdf

過去の開催

2012 年  2011 年  2010 年  2009年  2008年

 

Q&A

お問合わせはこちら

TEL  03-3362-5231、FAX 03-3362-5714   E-mail