CerSJ head 東海支部
CerSJ トップページ 部会・支部 東海支部トップ | Japanese | English

終了報告
平成30年度 東海支部 特別講演会

日本セラミックス協会東海支部


去る平成30年4月13日(金)、一般財団法人 ファインセラミックスセンターにおきまして、平成30年度東海支部特別講演会を開催致しました。東京大学 大学院工学系研究科総合研究機構 教授 幾原雄一先生より「エネルギー材料の局所構造と材料機能 〜合理的な材料設計へ向けて〜」と題して、ご講演頂きました。

走査透過電子顕微鏡(Scanning Transmission Electron Microscope,STEM)の分解能の大幅な向上につながった収差補正技術、STEMの先端解析技術および界面・表面転位解析への応用について最近の進展を紹介されました。今後、さまざまな材料現象が明らかにされ、得られた結果から合理的な材料設計、新規材料開発につながることが多いに期待されることが紹介され、参加者の知見を広めて頂けたと思います。

なお、特別講演には大学、企業、研究所などから52名のご参加を頂き、盛況の内に終了することができました。講師をはじめ、司会、参加者、JFCCの方々によるご協力の賜物と厚く御礼申し上げます。また引き続き行われた懇親会には31名の参加を頂き、3部会を交えて交流を深めて頂く事ができました。本当にありがとうございました。(事務局)


主 催: 公益社団法人 日本セラミックス協会東海支部
共 催: 耐火物技術協会東海支部
日 時: 平成 30 年 4 月 13 日(金)
 講演会 15:40〜17:00
 懇親会 17:15〜18:30
場 所: 一般財団法人 ファインセラミックスセンター
内 容: 「エネルギー材料の局所構造と材料機能 〜合理的な材料設計へ向けて性」
  東京大学 大学院工学系研究科総合研究機構
   教授  幾原 雄一 氏

【特別講演会の様子】

lecture lecturer

開催案内を見る
平成29年度報告]  ← →  [平成30年度報告

2018年5月17日掲載