CerSJ head 東海支部
CerSJ トップページ 部会・支部 東海支部トップ | Japanese | English

平成 29 年度 東海支部見学会 終了報告

日本セラミックス協会東海支部


2017 年 10 月 6 日(金) 東海支部見学会は学生 8 名を含む参加者 30 名で無事終了しました。 雨天の中ご参加戴きました皆様、並びに、開催にご協力いただきました (株)ノリタケカンパニーリミテドの皆様に、厚くお礼申し上げます。

(事務局)


主 催: (公社)日本セラミックス協会 東海支部

日 時: 2016 年 10 月 6 日(金) 13:30 ~ 16:00

見学先:(株)ノリタケカンパニーリミテド 三好事業所


【見学】 (株)ノリタケカンパニーリミテド 三好事業所見学(13:30~15:00)

ノリタケカンパニーリミテドは洋食器製造で培った技術である砥石の製造・販売を主な事業として、自動車、ジェットエンジン等の精密加工に不可欠である工業機材の供給を通じて様々なモノづくりを支えています。アルミナなどの一般砥粒を用いた砥石の生産拠点である三好工場は1ヶ月に数万点を越える品種の生産効率を高めるために4年前に稼働を開始した工場です。
参加者は最初に製品用途や製造プロセスと新旧工場の工程設計の違いについて工場長より説明を受け、多品種製造の課題を理解しました。その後、砥石製造工場に移動し、原料の調合から混合、成型を管理された環境で行われている作業を間近でみて、安定した品質を得る為の取り組みを理解した後、品種に応じて連続窯と単独窯を使い分ける焼成工程を通り、焼き上がった砥石の仕上げと検査を安全に行う作業を見学しました。
Nuclear power plant 1

【説明会】 品質検査説明(15:00~16:00)

製造工程を見学した後、会議室に移動し、実際に行われている品質検査項目の一つである打音検査について説明をうけ、全員が良品選択を経験しました。品質向上に対する作業員、検査員の育成や製品の使用状況に関する課題についての質疑が行われるなど、今後のモノづくりに何をするべきであるかを考え、具体的に取り組まれている活動を知ることができ、大変有意義な見学会となりました。 Nuculear power plant 2

開催案内を見る
平成28年度見学会報告
平成29年度事業

2017年12月13日公開