menu

支部会・部会活動

支部会

2020年

計画立案中

2019年

東北・北海道支部会

企業や企業と接点のある関連部署の方々による講演会の開催を検討する。

関東支部会

昨年に引き続き、若手研究発表交流会やセラミックス地域懇談会を通じて産学連携を図る。

北陸支部会

計画検討中

東海支部会

学術研究発表会への企業参加促進、講演会講師として産学双方の参加、企業の見学会の実施などを予定。

関西支部会

立案中

中国四国支部会

岡山県立備前緑陽高校の生徒が希望する耐火物企業とOCCの見学をサポートする。自然釉による備前焼の発色メカニズムの検討を大学と協力して支援し、メカニズムの確証が得られた段階で産業界へアプローチする。

九州支部会

九州ファインセラミックステクノフォーラムと合同で産学連携フォーラムを開催する。

2018年

東北北海道支部会

道内企業や企業との接点のある工業試験場の方々を講師とした講演会を「北海道地区セミナー」で開催した。

関東支部会

若手研究発表交流会やセラミックス地域懇談会を通じて産学連携を図った。

北陸支部会

2018年度の支部総会の講演では理系大学研究センターの講演者を招いた。

東海支部会

学術研究発表会への企業参加促進、講演会講師として産学双方の参加、企業の見学会の実施。

関西支部会

中国四国支部会

岡山県立備前緑陽高校の生徒が検討した自然釉による備前焼の発色について岡山セラミックスセンターに依頼して分析、SEM観察など協力した。

九州支部会

九州ファインセラミックステクノフォーラム、有田陶磁器部会等と合同で産学連携フォーラムを開催した。

部会

2020年

計画立案中

2019年

基礎科学部会

討論会・セミナーへの民間企業からの参加を呼びかけ、産学連携に繋がるきっかけを作る予定。

資源環境関連材料部会

講演会は継続して社会ニーズを捉えたテーマを設定し、産官学から講師を招聘し、交流の場を作る。年会の企業研究フロンティア講演も継続実施の方向で検討中。

陶磁器部会

ガラス部会

2020年に開催する12th AFPGはガラス産業連合会との共催であり、今年度はその準備を行う。

琺瑯部会

ほうろうの爪飛び不良への対策で連携(都立産業技術研究センター)

セメント部会

セメント若手の会(9/27-28@新潟県新潟市)で講演5件&見学会セメントおよびコンクリートの分野における最先端・最前線におられる研究者を講師として招聘し、産学関係なく研究者同士の交流することを計画。

エンジニアリングセラミックス部会

産業界で重要とされる「エンジニアリングセラミックスに関わるプロセス技術の革新(仮)」をトピックスとしてエンジニアリングセラミックスセミナーを企画・開催し、産学連携を図る。産業界で重要となるトピックスを部会で選定し、2020年年会特別講演及び企業研究フロンティア講演を企画・開催する。

電子材料部会

「ヤングミキサ―」を深化させる予定。連携促進の新規の試みとして、東京圏周辺で開催されてきた討論会を初めて名古屋での開催にチェンジ。同時に産業界からの講演者を多く招待し、産学から多数の参加を期待。

生体関連材料部会

2018年

基礎科学部会

部会役員を通じて、討論会、セミナーへの参加を産業界に呼び掛けた。

資源環境関連材料部会

講演会では社会ニーズを捉えたテーマを設定し、外部を含む産官学の講師を招聘し、交流の場を設定した。年会では企業研究フロンティア講演にイチネンケミカルズ様を招聘し、インターミッションで活発な議論や意見交換を実施した。

陶磁器部会

ガラス部会

ICG 2018 Annual Meeting Yokohama はガラス産業連合会と共催した。

琺瑯部会

ほうろうの爪飛び不良への対策で連携(都立産業技術研究センター)

セメント部会

セメント若手の会(9/14-15@埼玉県秩父市)で講演5件&見学会を実施(参加者31名、講師5名)。最先端・最前線の情報を得るとともにフリーなディスカッションを通じて相互の親睦を深めた。

エンジニアリングセラミックス部会

現在産業界で注目されているセラミックスの航空機応用に関して、「航空機および発電用耐熱・耐環境部材の現状と将来展望」をテーマとしたエンジニアリングセラミックスセミナーを企画・開催した。「航空機エンジンへのCMC適用開発」をテーマとして2019年年会企業研究フロンティア講演を企画・開催した。

電子材料部会

部会の中核事業の討論会において「ヤングミキサー」を試みた。産業界の若手と大学・研究機関の若手との親睦・議論を深め、産学連携の種~ネットワーク形成に好評であった。

生体関連材料部会

10月に20周年記念行事として、国内の生体セラミックス各社の主力製品の開発に関する講演会を開催した。

topへ戻る