●日本セラミックス協会ホームページ
輸送・航空宇宙の分野は、 陸上輸送機、 航空機、 宇宙衛星とカバーする分野は広く、 様々な用途にセラミック関連の製品が適用されています。用途によって、 それぞれの部材に要求される特性は異なっていますが、概ね、 耐熱性、 軽量、 機械的特性の3 つの特性が良好であることが必要条件です。耐熱性に劣る樹脂は使用できず、 軽量という面では、 金属にくらべセラミックスが有利であり、 今なお、 セラミックスの市場が広がりつつある分野です。この項目では、 輸送・航空宇宙分野の中からセラミック関連部材を紹介します。


※写真をクリックすると、さらに詳しい説明がご覧いただけます。
航空機のブレーキに使われる炭素と炭素繊維の複合体
航空機用C/C
コンポジットブレーキ
2007年12月掲載
炭化ケイ素(SiC)で作製された望遠鏡用の鏡
静止地球観測衛星用SiC鏡
2007年12月掲載
宇宙ロケット用の炭素繊維−炭素複合体
宇宙ロケット用炭素繊維強化
/炭素複合材料
2007年12月掲載
航空宇宙に用いられる高温に耐えられるセラミックス部品
航空宇宙用高温部材向け
セラミック複合材料
2007年12月掲載
電車に電気を取り入れるための部品
パンタグラフ用
カーボン系すり板
2007年12月掲載
Copyright (c) by CerSJ