日本セラミックス協会に所属する大学・研究機関・企業などにおいて、将来のカーボンニュートラル社会の実現にむけた様々な研究・開発が行われています。

 「セラミックス分野におけるカーボンニュートラル研究会」は、2021年12月に「分野横断型研究体」として設置が認められ、 2022年4月より「研究体(S)」「セラミックス分野におけるカーボンニュートラル研究会」として活動を行っています。


本研究会は、
カーボンニュートラル実現に向けた方向性
1.電力などエネルギー供給における脱炭素化・効率的な熱利用
2.輸送・製造における低炭素化・脱炭素化
3.CO2の分離・回収・固定化および資源化
4.マテリアルリサイクル・ケミカルリサイクル
 のそれぞれの分野において、セラミックス関連分野の産学官の取り組みについて情報交換することを主な目的としています。

 

NEWS

2023年8月25日更新

  • 「セラミックス分野におけるカーボンニュートラル研究会」は、日本セラミックス協会第36回秋季シンポジウムにおいて、 特定セッション「セラミックス分野におけるカーボンニュートラル」に協力します。
    日 時:2023年9月8日(金)
    場 所:京都工芸繊維大学+オンラインのハイブリッド(L会場)

    プログラム(詳細は、秋季シンポジウムホームページご参照ください)
    (9:00)
    3L01 セラミックス分野におけるカーボンニュートラルの取り組みについて (北海道大学) ○忠永 清治
    3L02 無機金属酸化物ナノ粒子表面への減圧下における窒素吸着と硝酸アンモニウムへの転換 (山形大学) ○佐藤 匡・大野 拓人・千葉帆夏・松嶋 雄太・(静岡大学) 小南 裕子・原 和彦
    3L03 放射冷却材用途でのセラミックス材料の活用 (三菱重工業(株)) ○竹田 泰成・岡嶋 芳史・山下 大成・簗瀬 祐太・三井 裕之
    3L04 太陽光パネルガラスリサイクルのための基礎的検討 (北海道立総合研究機構) ○稲野 浩行・明本 靖広・朝倉 賢
    (10:40)
    3L06 (招待講演) カーボンニュートラルと資源循環との両立を目指した分離技術開発 (早稲田大学・東京大学) ○所 千晴
    3L08 焼成処理をした廃棄リチウムイオン電池のリチウム分離回収 (愛媛大学) ○瀬口 翔太郎・田中 蒼真・青野 宏通・(株式会社イージーエス) 次田 泰裕・(愛媛大学・株式会社イージーエス) 近藤 治郎・(オオノ開發株式会社) 芝 亮太
    3L09 廃棄リチウムイオン電池からキレート樹脂によるNi およびCo の分離機構 (愛媛大学) ○國宗 佑真・青野 宏通・(株式会社イージーエス) 次田 泰裕・(愛媛大学・株式会社イージーエス) 近藤 治郎

    (13:20)
    3L14 (招待講演) カーボンニュートラルの実現に向けた産総研の取り組み (産業技術総合研究所) ○遠藤 明
    3L16 海水電解の電極表面構造がCO2 固定化の持続性に及ぼす影響 (静岡大学) ○町田 駿輔・須田 聖一
    3L17 アンチペロブスカイト型Li2FeSO 正極活物質の合成条件検討と全固体電池特性評価 (豊橋技術科学大学) ○西本 麻呂・引間 和浩・松田 厚範
    (15:00)
    3L19 (招待講演)再エネを有効利用する触媒プロセス促進のための無機ナノ材料の開拓 (九州大学) ○山内 美穂
    3L21 ジルコニウム-スズ複合酸化物系触媒を用いた二酸化炭素からのメタン生成 (大阪大学) ○荻野 祐樹・布谷 直義・今中 信人
    3L22 ハイエントロピーオキサイドの合成と光触媒能評価 (豊橋技術科学大学) ○出口 裕己・金築 佳郎・壺田 半蔵・Tan Wai Kian・武藤浩行・松田 厚範・河村 剛
    3L23 Zn 含有層状複水酸化物による電気化学的CO2 還元 (北海道大学) 中里 亮介・松本 慶江子・山口 登・(北海道大学・スペイン国立研究評議会) Rosero-Navarro Nataly Carolina・(北海道大学) 三浦 章・○忠永 清治
    3L24 総合討論



  • 2023年3月8日 日本セラミックス協会年会・サテライトプログラムにおいて「セラミックス分野におけるカーボンニュートラル研究会講演会」を開催しました。
    詳細はこちら


  • 2022年10月6日 当研究会に参画いただける方、運営に協力いただける方を募集しています。詳しくは、下記代表までメールでお問合せください。

  • 2022年9月16日 日本セラミックス協会秋季シンポジウムにおいて、 特定セッション「カーボンニュートラルとセラミックス」を実施しました。多数のご参加、誠にありがとうございました。
    詳細は、活動内容をご覧ください。
      カーボンニュートラルセッション学生講演賞を、以下の2名に授与することに決定しました。
    演題「 LDHの構成金属種が熱分解挙動とCO2吸着/脱離特性に与える効果」 
      受賞者: 広島大学 松田 海斗さん
    演題「ポリアミン法による有機基材上のアラゴナイト配向構造体の形成」
      受賞者:慶應義塾大学  高科 幸平さん

  • 2022年8月8日 ホームページを開設しました。

  • 2022年3月10日 日本セラミックス協会2022年年会において、科学技術委員会との共催で、
      カーボンニュートラル セッション − セラミックス分野におけるカーボンニュートラル社会実現にむけた取り組み − 
    を開催しました。


  • セラミックス分野におけるカーボンニュートラル研究会

      研究会代表 北海道大学・忠永清治
      連絡先:e-mail: (画像です)
      〒060-8628 札幌市北区北13条西8丁目
      北海道大学 大学院工学研究院 応用化学部門 無機材料化学分野
      Tel: 011-706-6572