日本セラミックス協会賞

 
1   syou

 

日本セラミックス協会賞は、セラミックスの産業及び科学・技術の進歩発達に資し、
学術研究及び技術上の業績顕著な者並びに本会及び業界に対する功績顕著な者に贈りこれを表彰します。



 

 

■表彰の種類及び件数■

  •   功労賞 若干名
  •   学術賞 6件以内
  •   進歩賞 5件以内
  •   技術賞 6件以内
  •   技術奨励賞 5件以内
  •   功績賞 3件以内

 

1.推薦者の資格及び推薦件数

 ・功労賞 

○理事会が内規に基づき被推薦有資格者を選出し、功労賞選考委員会へ推薦

 ・学術賞・進歩賞・技術賞・功績賞・技術奨励賞

a)支部長又は部会長による推薦

〇学術賞、進歩賞、技術賞、技術奨励賞及び功績賞 ・・・・・・・・・・・ 各賞について複数件

b)個人会員による推薦:5名以上の連名によって各賞について1件推薦することができる。

〇学術賞、進歩賞、技術賞、技術奨励賞及び功績賞 ・・・・・・・・・・・ 各賞について1件

 (個人会員1名の推薦可能件数は、各賞1件以内とする.)

c)特別会員代表者による推薦 

○技術奨励賞・・・・・・・・・・・・・件数制限なし

 

2.被推薦者の資格

  • a)協会賞を受賞していない者.ただし、下記の場合は有資格者とする.

     〇進歩賞を受賞後10年以上経た者.

     〇技術奨励賞を受賞後10年以上を経た者.

    b)協会賞選考委員は被推薦者の資格はない.

    c)支部長・部会長は役職上推薦者であるが、個人として被推薦者となることができる

 

3.賞の種類、内容及び被推薦者の資格(会員歴等)

*会員歴及び年齢の算定期日は、いずれも受賞の年の4月1日現在.

1)功労賞

1.対象内容:セラミックスに関する産業及び科学・技術の振興、後進の育成指導、伝統技術の継承等に関する功労者及び本会事業に関する功労者.

2.資格等:本会会員歴10年以上の個人会員又は特別会員の代表者(通算5年以上その役職にあるか又はあったもの).

2)学術賞

1.対象内容:セラミックスの科学・技術に関する貴重な研究をなし、その業績特に優秀な者.対象となる研究業績は本会機関誌ほか、他の学会誌に発表したものも可.

2.資格等:本会会員歴10年以上の個人会員.

3)進歩賞

1.対象内容:セラミックスの科学・技術に関する学術上優秀な研究業績をJournal of the Ceramic Society of JapanあるいはJournal of Asian Ceramic Societiesに発表した者.当該研究が現在進行中の場合も対象とする.

2. 資格等:本会会員歴5年以上の個人会員又は学生会員で、その年齢が満37歳に達しない者.

4)技術賞

1.対象内容:セラミックスの科学・技術に関し、製品の開発や工業化等に特に顕著な業績のあった者.

2. 資格等:本会会員歴10年以上の個人会員(個人会員を代表者とするグループを含む)及び特別会員(その組織に属するグループを含む).

ただし、グループ推薦の場合の被推薦者は「代表者を含め4名以内」とする.

5)技術奨励賞

1.対象内容:セラミックスの科学・技術または工業技術上優秀な業績を発表した者.

2.資格等:本会会員歴5年以上の特別会員の組織に所属する個人または会員歴5年以上の個人会員であって、その年齢が満40歳に達しない者.

6)功績賞

1.対象内容:教育機関並びに国公立試験・研究機関若しくはこれに準ずる機関において満20年以上にわたり、セラミックスの科学・技術に関する試験・研究、分析・解析、開発、普及及び教育に功績のあった技術系教員及び職員.

2. 資格等:本会会員歴10年以上の個人会員で、その年齢45歳以上の者.

*各賞共通

  受賞者となった場合は本会が定める受賞講演や受賞業績の本会機関誌への発表などを必ず実行できる者.

 

4.業績説明会(日程は推薦要領に記載)

業績説明者について:推薦者は業績ごとに1名の業績説明者を推薦する.

1.学術賞・技術賞の説明者は、原則として本人とする.本人以外の説明者のときは共同研究者等業績内容に熟知した者とする.

2.進歩賞の説明は、本人が行うものとする.

3.技術奨励賞の説明は原則として本人とする.本人以外の説明者のときは、上司等業績内容に熟知した者とする.

4.功績賞の説明は、本人以外の者が行うものとする.

 

5.受賞者の決定と発表

11月(予定)発表は理事会決定後、協会HPにて.

セラミックス誌での受賞者業績の掲載は翌年4月号を予定.

 

6.表彰式  6月初旬予定日本セラミックス協会定時総会同日

 

7.受賞者の受賞講演や受賞論文投稿等への協力

受賞者は以下の事項を必ず実行することが義務づけられている.

〇学術賞:Journal of the Ceramic Society of Japanに受賞業績に関する総説の投稿.

当協会の年会における受賞講演の実施.

〇進歩賞:Journal of the Ceramic Society of Japanに受賞業績に関する総説もしくは論文の投稿.

当協会の年会における受賞講演の実施.

〇技術賞、功績賞:当協会セラミックス誌に業績内容に関する記事の執筆.

○技術奨励賞:当協会の年会における受賞講演の実施

 

8.日 程

1)会員には毎年セラミックス誌にて協会賞推薦募集要項を会告して知らせる.
2)支部長、部会長、特別会員代表者には、書面をもって推薦を依頼する.
3)推薦書の提出期限は、推薦要領記載の期日までに協会必着.
4)表彰式は、定時総会同日.

pagetop